税理士という仕事の魅力とは

税理士という仕事がどんなモノかと言うと、簡単に言えば国と納税者を繋ぐという税のプロフェッショナル的な役割を担う、といったモノです。


そのため非常に重要な役割を果たす事になるので、誰もが簡単になれるという甘いモノではなく、税に関する専門知識を勉強した上で、難しい税理士試験にパスする必要があります。

なのでまず魅力として言えるのは、非常にやり甲斐のある仕事であるという点です。そして難関である試験に合格し、晴れて税理士になれば、国家資格として国が身分を保証してくれます。


そして主な仕事内容としては、税務の代理、税務書類の作成、税務相談という三つとなります。


税金というのは、生活して行く上で非常に結びつきの強い存在です。
それ故、税金に関わるこの仕事と言うのは、常にある一定の需要が存在しています。

なので流行り廃りに左右されず、そういった安定した需要があるというのは、仕事を行う上で安心感へと繋がるし、重要です。
そして税理士の魅力としては、定年がないというのも大きな要素だと言えます。というのも仕事柄、体力よりも経験が重要です。

そのため、ベテランに対する需要も高く存在しており、実際に60歳を超えても現役で働き続けているという人は珍しくないです。

だからこそ、資格を有する事が出来れば、とことん働き続ける事が出来ます。


しかも税理士というのは、独立開業するのが当たり前とも言える仕事です。

そのため、独立して自分がしたい様に仕事をする、といった働き方も可能であり、その点も魅力的です。

https://www.youtube.com/watch?v=_CHd91IK11Y
http://www.hokkaido-ninbaikyokai.jp/
http://www.naturegame.or.jp/stylebook/category/93.html












Copyright (C) 2014 税理士という仕事の魅力とは All Rights Reserved.